愛媛県産 ニューサマーオレンジ

愛媛フルーツショップ 段々畑 ニューサマーオレンジ

「小夏みかん」、「土佐小夏」、「日向夏」、とも呼ばれ、愛媛県産のものを「ニューサマーオレンジ」と呼よびます。1820年代に宮崎県で偶然に発見されました。1830年に愛媛県に入り愛媛の気候が「ニューサマーオレンジ」に適していることも重なり、近年愛媛を代表とする柑橘となりました。詳細は不明ですが「ゆず」の系統と考えられています。黄色い果皮はやや厚めで、ナイフでカットして食べるのが一般的です。果肉は果汁が多く爽やかな甘酸っぱさが味わえる5月~6月が旬の柑橘です。


 

愛媛フルーツショップ段々畑 ニューサマーオレンジ

「レモンよりも淡い黄色で、見た目から淡白で酸味が強くて酸っぱいイメージを持ってします。見た目の酸っぱそうなイメージを裏切る!?爽やかな優しいおいしさ ニューサマーオレンジは、中の白い甘いふわふわの皮と一緒にお召し上がりいただくのが美味しい食べかたです。このクッションのようは白皮は、ほのかな甘みがあり、果肉の酸っぱさとの絶妙な調和が「ニューサマーオレンジ」の味の特徴です。ぜひ白皮も一緒にお食べ下さい。


 

愛媛フルーツショップ 段々畑 ニューサマーオレンジ

① 外皮をリンゴの皮を剥くように薄く剥いて、内皮の白い部分をなるべく多く残すように皮を剥きます。外皮は硬いので簡単にできます。ここがポイント!白い綿状の内皮を多く残す。
② 実の芯を残して、中心から外に向かってそぐように切ります(白皮はそのまま)芯は他の柑橘より柔らかく食べても気になりません。白皮を付けたまま皿に盛り付け、お好みで、砂糖、蜂蜜、練乳をかけてみても美味しく頂けます。


 

愛媛フルーツショップ 段々畑 ニューサマーオレンジ

確かなプロの目と、味覚で、柑橘の旬を見極め収穫します。収穫した柑橘は最短の時間で選別場に集められます。園地に密接しているからこそできることですね。木から離れた柑橘は弱くなりますので、衝撃を抑え、短い戦果ラインで短時間で選別していきます。ご注文頂いてからの箱詰めなので作り置きなどは一切致しません。一年に一度しかない柑橘の収穫、その柑橘がお客様のお手元にお届けできるのは出会いでもあります。そのことを第一と考え、小さなお店ではありますが、真心と愛情を持ち、お客様の気持ちになって、大切に育てた柑橘を365日お届け致しております。


 

愛媛フルーツショップ 段々畑 ニューサマーオレンジ

みかん,柿,晩柑橘の栽培がさかんなこの地域はここ近年、 ニューサマー の栽培も盛んです。一年を通じて温暖な気候と、水はけの良い土壌が、 ニューサマー 栽培には適しています。空からのサンサンと降り注ぐ太陽の恵み!海からの照り返しの優しい太陽の温かさ!長年の生産技術と栽培に対する人の熱意!すべてが高条件で美味しい ニューサマー を育て上げます。

愛媛フルーツ専門店 フルーツショップ段々畑 ニューサマーオレンジ 

ニューサマーオレンジの魅力は、自然の中で自然に育った天然の美味しさです。愛媛の太陽をサンサンと浴びた爽やかで、甘~いニューサマーオレンジをぜひご堪能ください!


 

愛媛フルーツショップ 段々畑 こちらもお勧め!